« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

鎌倉世界遺産登録推進協議会事務局からのおしらせデス

鎌倉世界遺産登録推進協議会事務局の方から

ご連絡をいただきました。

ご関心のある方はどうぞ、ご参加下さいませ。

~~~~~~~~

 東北関東大震災の余震が今日も続き、被災地の心配は
もちろん、関東東海の地震可能性も87%と大変高い値
を示しているとのことで、まず3ヶ月、3年と心配は着
きません。
 そうしたなかにも、平泉の世界遺産登録に明るい展望
が聞かれ、日本文化特に精神文化の素晴らしさが世界で
話題になる等、今一度日本という国を私たちも見直すこ
とで、復興への力としたいところです。

 鎌倉も世界遺産登録に向けて重要な段階を迎えた今、
ずっと登録に向けてご指導いただいている五味文彦先生
をお招きしてお話を伺い、改めて武家文化と鎌倉との関
わりを考えます。

タイトル:五味文彦さん講演会「鎌倉の武家文化」
http://www.shonan-it.org/KWH-kyogikai/topics/110502/01.html

とき:平成23年6月12日(日)
   午後2時~4時(1時30分開場)

ところ:鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉)ホール
    JR鎌倉駅東口・正面信号を渡ってすぐ右側

    上記HPのチラシに地図があります。

◎入場無料  ◎定員280名  ◎申込要
主催:鎌倉世界登録推進協議会(会長:松尾崇鎌倉市長
、顧問:養老孟司東大名誉教授)(入場無料)

申込方法:①住所 ②氏名(ふりがな) ③性別 ④電
話番号 ⑤ファクス番号 ⑥Eメールアドレスを明記して
、ハガキ、ファクスまたはEメールで下記へお申し込みく
ださい。
申込先・〒248-8686(住所不要)
    鎌倉市役所 
    鎌倉世界遺産登録推進協議会事務局
    6/12講演会係
e-mail: sekaiisan@city.kamakura.kanagawa.jp
℡. 0467-61-3849   Fax.0467-23-1085

 現代の日本文化の源となったのは鎌倉文化と言われて
おり、茶道、武士道、庶民文化、仏教など様々な文化財
にその面影を見いだすことができます。
 五味先生からは「中世日本の武家文化が3つの段階を
経て成長していく様相についてお話くださるとのことで
す。
 

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »